佐渡エコツアーガイド協会 : 原生林と杉巨木群トレッキング、トキの里山ハイキング など

Sado Island Eco Tour Guide Association

佐渡・県有林 「石名天然杉遊歩道」について


 

新潟大学演習林や関集落共有林にほど近い、

石名地区・壇特山ふもとの県有林内にも大きな杉がみられ、

登山道の一環として県が遊歩道整備を行っています。

昭和30年代などに大規模伐採されてきたため原生林とは言えず、

森としては全体的に変容していますが、

製材に適さなかった今のこっている木々から、むかし演習林などと

ひとつづきの御料林だった雰囲気を気軽に楽しむことができます。

 

石名天然杉は舗装道から近く、申込みや入山制限は不要。

ガイドも必須ではありません。2011年5月から一般公開。無料でご覧いただけます

公園のようにチップの敷きつめられた遊歩道を1時間ほどで周遊でき、

子供連れやご高齢の方には歩きやすくなっています。立ち入りは定められた遊歩道と登山道のみです。

県庁サイトより  ・ 石名天然杉 ・ 佐渡の県有林

 

【注意】 石名天然杉遊歩道で遭難死亡事故が起きました。付近は霧の多く出る地域で、

ひとつ道をまちがえるとヤブも深い、標高900mの山の中です。

車で気軽に行ける場所だけに、十分ご留意の上おでかけください。(参考:NHKニュース 2011年7月24日 )

 

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

 

なお、別箇所にある新潟大学演習林は昭和30年に県から譲渡されたのち測量がはじまり、

自然環境の厳しさ等から研究者用林道の完成は平成元年までかかりました。

日本中で大量伐採の進んだ時期に林道がなかったこと、

またこの希少性に価値をみいだしてきた大学側の先見性により

原生自然の要素を色濃く残した森が一部に残されています。

洞爺湖サミットなどで紹介された杉巨木群の保全地区のほうへ来訪希望の方は

佐渡エコツアーガイド協会トップページ から参照ください。

佐渡は熊や猪、鹿、猿などがいないため、草花の状態も保たれています。クマ イノシシ シカ サル

 

※ 天然林(そのなかの原生林)・二次林(そのなかの里山)・人工林という言葉の区分、

および佐渡の森林環境については、新潟大学が編纂した佐渡島環境大全

(佐渡市環境教育副読本 指導書 p.101-113)にわかりやすくまとめられています。

佐渡市・トキ交流会館などで1冊1,000円で配布されています(A4サイズ 全238ページ)。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆

サイト リニュアルしました。


佐渡エコツアーガイド協会として、ウェブサイトを2011年5月付でリニュアルしました。

まだ作業が追い付かないところ多数ですが、徐々にお知らせしていきますのでご覧ください。

◆ ◆ ◆ ◆ ◆